熊本仮設支援

今回、熊本仮設入居者支援に参加しましたが、振り返りますと感謝な事がいっぱいでした。
仙台からのお手伝いに、限界、制限がある中でしたが、地元の方の協力があってこそ、仮設支援が出来ました。心からお礼を申し上げます。
石巻明るい社会づくり運動一行様“おくずかけ”石巻郷土料理
仙台明るい社会づくり運動一行様
本部明るい社会づくり運動一行様
高崎明るい社会づくり運動一行様“たこ焼き” 
熊本明るい社会づくり運動一行様“事前活動”
熊本立正佼成会教会長始め皆様
基督聖協団熊本教会 大久保先生ご夫妻様
皆様の「人を思いやる心」に深く感銘しました。
また、手際の良い働きにも、支援する立場から安堵しました。そして、何よりも笑顔と助け合い、率先して活動する姿に学ぶ事が多くありました。
仮設に住む方々の心境も、東北で受けたい人々の心境と何ら変わらず、将来に向けて必死で頑張っておられました。ただ、地域によって復興計画は違うので、躊躇いと心配をされていましたが、これは、しばらくかかりそうです。いや まだまだですね。
今回は、2度熊本に行きました。
1、準備と仮設チラシ配り
2、実践
住民の方からの自治会企画の誘いをうけましが、
残念ながら難しいと思いました。地元支援者の方にお願いし伝えました。
感謝な報告でした。

地域支援ネットワーク架け橋

代表 中澤竜生

〒989-3127

宮城県仙台市青葉区愛子東3丁目14-22

Mail kakehashi.net@gmail.com