報告

報告 · 2020/10/04
1シーンだが撮影が始まった。 その他に何人かのインタビューを試みます。

報告 · 2020/10/04
仙台市内にあります有名な商店街、いろは横丁。最近、ここに駆け込み寺が設置されました。今回は東北ヘルプとして、責任者 織笠英二氏にインタビューをした。

報告 · 2020/09/16
今年半ば、やっとアーティスト選出ができました。 それと、追悼会実行委員である風間哲也氏が、今回の企画となる大半を担ってくださり企画始動しています。 追悼会に寄せられる献金も、前回資金と合わさって30万円程です。 アーティストの皆さまには手弁当となり、コロナ禍で活動自粛ともなる中、申し訳なく思っています。...

報告 · 2020/08/23
今年はコロナの影響により、積極的な集まりはしないで、zoomを介して開催します。テーマは、貧困と対立と和解です。宮城県で起きている現状を講演していただきます。 事前申込みが必要です。QRコードより申込みしていただき参加となります。 コロナ感染の状況によっては変更もありますので申込みをよろしくお願いします。

報告 · 2020/07/31
【新型コロナウイルス (COVID-19) に関する私たちの見解】 今年、コロナ感染拡大により集会の閉鎖を継続しております。その理由として、①コロナウィルスによる重症者、あるいは死者が世界中で増えていること。②コロナウィルス自体の正しい情報がわからないこと。(8月現在)③高齢者の方や疾患のある方への危険性が高いこと。④コロナウィルスに対する治療薬、ワクチンが未だないこと。⑤国民全体にPCR検査が行われていないこと。⑥自宅での集まりは「蜜」となること。 以上が私たちの見解です。 「あまり神経質にならない」「日本では重症化になる人は少ない」と、よく言われます。 ですが、リスクは解消されたわけではありません。そう、先の意見にはなんら根拠もないと言うことです。 また専門家の中でも意見が分かれるなかですから、未知のウィルスに対して、 先の6つの内容に答えが与えられるまで、リスクをできるだけ回避する姿勢をとります。 それと、私の中では、今年の冬に猛威を奮うのではと危機的に考えています。 ですから、何とかこの夏にコロナ感染を抑え、 できるなら国にたいして、全国民へのPCR検査をしていただければと願い

報告 · 2020/07/28
活動が制限される中、ようやくニュースレターが完成した。具体的な内容はのせられていないが、人と人とが向き合うことに制限起きている事は事実です。コロナ感染も落ち着きをもった、と思いきやまた増加している。以前よりも感染者が多くなったいま、今後を検討する必要がでてきた。

報告 · 2020/06/14
9年目となる追悼記念会はコロナ禍によって中止となりました。そして10年目となる記念会はどうするのか。今回は2年前から企画しておりましたLOVEEASTの皆様と内容を企画検討して進めています。

報告 · 2020/05/26
宣証”地域支援ネット架け橋” 通信をPDF化にしました。 それを載せておきます。 コロナ禍の影響で活動ができておりません。 頻繁にではありませんが電話の報告を受けております。 それと私を気遣ってくださり安否の電話を頂きます。 感謝なことです。 やっと全国緊急事態宣言解除となりました。 ですがコロナにたいする特効薬があるわけではありません。...

報告 · 2020/04/14
NPO法人オアシスを通し、ファンケルチョコレートを受け取りました。全部で660個以上です。 それを現地で活動する方を条件として3人で分けて配布しました。 架け橋は220個で、南三陸町、気仙沼市本吉、仙台市の3箇所となります。 その報告書をここに載せました。...


さらに表示する